すみれもん-ママができること

楽しく生きる、楽しく学ぶ、を伝えたい。

ビリだった計算速度が1ヶ月で学年で1番早くなった方法

f:id:sumilemondesu:20170627232836p:plain

私は計算スピードが小学校の時に、学年で1番早かったのですが、最初は早く出来ませんでした。

というより、むしろ時間内に解けない程遅かったです。

 

今回は、どうやって計算が早くなったのか、という事を記事にしたいと思います。

毎朝、計算問題の小テストがあった

小学1年の頃、朝礼の時間に毎日20問ほどの計算問題の小テストがありました。

私のクラスだけでなく、全クラスが実施している物でした。

 

先生はストップウォッチを持ち、『はじめ!』と号令を出すと、裏返していたプリントを生徒はさっとめくり、計算ドリルを解いていきます。

 

計算が終わった人は『はいっ!』と挙手をすると、先生が20秒!』

『24秒!』『30秒!』

と、かかった秒数を教えてくれます。

生徒は先生に言われた秒数を、プリントの右上のタイムの欄に自分で書き込みます。

 

この毎朝の計算テストは、子供の競争心を凄く煽ります。

何しろ、だれが早くて誰が遅いか一目瞭然ですから。

そのため、『〇〇組の△△君が計算が早い』というのが他のクラスでも噂になったりもしていました。

指が足りない!繰り上がりにつまづいた一学期

1学期は、毎回1分以上時間がかかっていました。

ビリにならないように、というのが私の目標でした。

いよいよビリになりそうな時は、解き終っていないのに、『はい・・・』と挙手したりすることもありました。

 

10までの足し算はなんとか指を使って出来ていたのですが、

指が足らなくなる、10以上の足し算になってからは、完全についていけなくなりました。

ほとんど解けなくなってしまったのです。

数字を頭で分解できない

繰り上がりの足し算、皆さんどうやって教わったか覚えていますか?

 

例えば

 

 

6 + 7

 

 

今、どうやって計算しましたか?

 

恐らく、ほとんどの方が何も考えなくても『13』が頭に浮かんだと思います。

 

でも繰り上がりの理屈を教わる、小学1年生の時は

 

6 + 7 = 13

 

ではなく、この計算を一度

 

 

6 + (4+3) に置き換えるような指導をされたはずです。

 

理屈としては

  • 6 と 7 では10を超えてしまう。
  • 6 はあと 4 で10になるので
  • 7から4をひいて 残った3 が一の位になり
  • 答えは『 13 』となる。

 

こうやって書き出してみただけで、小学1年生には複雑すぎやしないか?と思えます。

正直このやり方だと、今でも私はビリだったと思います。

頭にイメージを留めて置く事が出来ない

私は、頭の中でイメージや図形を思い描くのが苦手です。

図形を頭の中で回転させたりするのはもっともっと苦手です。

地図が苦手で道に迷いやすいですし、地図を見るときは実際の地図をぐるぐる回します。

 

頭の中にイメージを思い浮かべてもどんどん消えて行ってしまうんですよね。

 

学生時代、図形問題は問題用紙をぐるぐる回したり、時には裏から透かして見たり、

図形を回転させる必要がある場合は、実際に問題用紙にその都度書き起こして乗り越えました。

『りんごが何個』も混乱の原因

f:id:sumilemondesu:20170627233238j:plain

そんな私ですので、そもそも算数でよくありがちな

『りんごが〇個あります、こっちにはりんごが△個あります。合わせていくつでしょう』

という問題の『りんご』でつまづいていました。

 

頭にりんごを思い浮かべておくだけで精いっぱい。そこに新しいりんごが来るとかもう無理!!

正直そんな感じです。

担任に自宅で見てあげるように言われる

f:id:sumilemondesu:20170627233429j:plain

夏休みに入る直前、母は担任から

計算問題につまづいているので、夏休みに少し見てあげてください

と言われたそうです。

 

母はびっくり仰天。

まさか私が担任に指摘されるほどに、勉強につまづいているなんて思いもしなかったみたいで、かなり焦ったそうです。

夏休み、毎日計算2000問

f:id:sumilemondesu:20170627235327j:plain

夏休みの宿題で出された小テストと同じ形式の計算ドリルを、自宅FAXの感熱紙を使って母は何枚もコピーしました。

 

具体的には1日100枚こなしました。

20問×100枚で、計算問題を毎日2000問やっていたことになります。

 

2000問すべて違う計算問題ではありません。

 

1枚の計算ドリルを50枚コピーして、それを連続して50回行うやり方です。

これを2セットやっていました。

もちろん一気に100枚やっていたわけではなく、50枚やったらおやつにするとか、休憩をはさみながらです。

 

50枚終わったら、新しい出題プリントに行く日もありましたし、そのまま同じプリントを行う日もありました。

最初は繰り上がりのない計算問題から始め、徐々に繰り上がり問題に以降していきました。

 

 

結構大変そうに思うでしょ?

でも当事者の私は、大変だった、とはあんまり思ってないんですよ。

 

計算が苦手な事を自覚していたので、計算が少しでも出来るようになりたい、分かるようになりたい、という気持ちがベースにありましたし、

母の『私ちゃん頑張ってるね、おやつにしようね』と言う優しい言葉かけが毎日嬉しかった、というのもあったと思います。

あと、何枚も同じ問題をやっていると、さすがに計算式と答案を丸暗記してしまい、疲れてくる終盤はかなり楽勝になるのです。

夏休み明け、最初の小テスト

夏休み中、毎日計算を頑張っていた私にとって、夏休み明けの最初の小テストは張り切っていました。

いつもビリにならないように、が目標だった私は

『大丈夫、きっと真ん中くらいにはなれる』

と思っていました。

 

それが、ふたを開けてびっくり

『はい!』と最初に手を挙げたのは、私だったのです。

 

クラス中がざわめきました。

先生も、1学期に計算が早かった子も遅かった子も、みんな『え?』って顔で私を見ていました。

1番ってうれしい!1番って気持ちがいい!

帰宅早々『計算テスト、私、一番だったよ!!』と母に報告したのは言うまでもありません。

母も頑張ってくれていましたので、とても喜んでくれました。

一番が気持ちがいい事、ずっと一番でいたい事、夏休みは終わったけど、計算ドリルを毎日50枚、学校から帰っても続ける事にしました。

 

母の会話の運びが巧みで、母に上手に乗せられただけなのかもしれませんが、

『夏休み終わったけど、これからも毎日やる?』

『うん、やる。(真顔)』

という会話をした記憶があります。

宿題がそのまま小テストだった 

いずれにしろ、2学期以降は『私の意志で計算ドリルを毎日続けた』事になります。これを小学2年にあがるまで続けました。

 

毎日の小テストは、前日に出された宿題プリントとまったく同じ物が出されます。

ですので、私は前日に50回その問題をやっていますので、ほぼ答案を丸暗記した状態で小テストに臨んでいました。

学年で噂に。

毎回クラスで1番、別のクラスのお母さんが、私の母に、どうやって私ちゃんは計算が早くなったんですか?と聞きに来ることもありました。

そして公文をやっている別のクラスの男子と私と、どっちが早いか、みたいな噂になりました。

これは2年生になった時にその子と同じクラスになって結果が分かりました。

私の方が早かったです。

丸暗記の是非

答案を丸暗記するほどやるのは意味がないんじゃないか?という疑問が沸いた方もいるかと思います。

 

でも、

  • 頑張れば1位になれる
  • 計算のパターンを覚えれば、計算が早くなる

という成功体験にはつながっていると思っています。

 

特に夏休みに毎日100枚行った事で、20までの足し算に関しては、パターンをすべて覚える事が出来ました。

 

繰りあがり計算で頭の中で数字を分解する事が出来ない私でも、計算が早くなったのは、計算式の丸暗記による所が多いと思います。 

今でも20までの足し算は数字を見れば考えなくても答えがパっと浮かびます。

 

小学校1年の1学期でつまづいてしまいましたが、母が夏休みに見てくれたおかけで、その後の小学校時代はずっと勉強が出来る子、という立ち位置で卒業する事が出来ました。

 

ただ正直、50枚もやらなくても良かったとも思っています(笑)

でも20枚じゃ1番にはなれなかったかな。40枚くらい。。?あまり変わらないか(笑)

受験でも生きた計算力

小学6年から中学受験の勉強を始めたのですが、結果から言うと難関校と呼ばれる中高一貫校に進学できました。

ここでも計算の丸暗記は出てきました。

 

中学受験生あるあるですが、たとえば

 

f:id:sumilemondesu:20170627235410j:plain

円周率!

 

1×3.14=3.14

2×3.14=6.28

3×3.14=9.42

4×3.14=12.56

5×...

 

という感じで、一桁 × 3.14 の掛け算10パターンは丸暗記しました。

大きな成功体験

f:id:sumilemondesu:20170627235544j:plain

中学受験を経験した方なら分かるかと思うのですが、小学6年からのスタートは相当出遅れています。

それでも一応受験に成功したのは、受験勉強に出遅れてるけど、私なら巻き返せる、と自分を最後まで信じぬく事が出来たからです。

それは小学1年の夏の特訓と、それ以降の勉強につまづくことがなかった、という成功体験が大きな裏づけになっている事は間違いありません。

くもんに似ている?

私は公文に通った事はありませんが、くもんの学習は基本的には反復演習という風に聞いているので、恐らく母がやった方法は公文のやり方に似ているのだと思います。

まとめ

以上が私が計算が学年で一番早くなった方法です。

 

自分の子供たちが小学生にあがったら、計算に関しては反復演習をしていこうと思っています。

さすがに50枚はやらないかもしれませんが、計算が早い事は百利あって一害なしだと思いますので、『計算が早い』と言われるレベルにまではしてあげようと思っています。