すみれもん-ママができること

楽しく生きる、楽しく学ぶ、を伝えたい。

旦那を動かすお願いの仕方 私は女優!のテクニック

f:id:sumilemondesu:20170711013418j:plain

家事や育児など、パパにお願いしたい時。

お願いの仕方によっては、相手を不機嫌にさせてしまい、険悪なムードになったりすることってないでしょうか。

今回は、旦那にお願いする際に気を付けるべきポイントをご紹介です。

『お願いがあるんだけど・・・』と最初に言う

まずお願い事の内容を言う前に

『あのね、頼みたい事があるんだけど・・・』

と言う。

そうすると、相手は『え、どんな事お願いされるんだよ!』とちょっと身構える。

身構えた相手に、簡単なお願い内容を伝えると

『何だそんなことか』となって、すんなりと受け入れやすくなる。

 

プラスワンテクニック

これの進化系バージョンが

『ちょっと面倒くさい事頼んでもいい?』

だ。

 

頼みたい

 

 

面倒くさい

 

が、くっつく事によって、相手は更に身構える。

 

そのため、お願いの内容がより簡単な内容に感じやすくなるため、更にすんなり受け入れやすくなる。

私は頼みづらいお願いをする時に使っています。

これやってくれる?私は〇〇やるから

自分が何か他にやらなければいけない事がある時は、その事も伝えておく。

例えば

『洗濯物畳んでくれる?私は料理作るから』

と言った感じだ。

妻もしなければならない事があるというのを理解すると、自分だけさぼっては悪いという罪悪感も働くため、すんなり受け入れやすくなる。

 

プラスワンテクニック

これの進化系バージョンが

『洗濯物畳んでくれる?私は料理と掃除とゴミ出しするから』

 だ。

 

妻の仕事が自分よりも明らかに多い事を暗に伝える事になるので、

『ゴミだしは俺がやるよ』

という、向こうからの提案が期待できる。

お願いを聞いてくれたら『ありがとう』に更に一言つける

お願いを聞いてくれたら、『ありがとう』と感謝を伝えるのはもちろんだが

更に一言を付け加える事が肝心。

例えば

 

『ありがとう。助かるよ』

『ありがとう。さすがパパだね』

『ありがとう。大変だったでしょ?』

『ありがとう。あなたと結婚して良かった///』

 

こんな感じ。

 

パパの肩に手を置いて言うと、更に効果的!

 

男性はこういう時って照れて、

『いや別に。そんな事全然嬉しくないんだからね!///』的なツンデレ態度を取る人が多いが、内心とっても嬉しい(はず)。

 

そんな恥ずかしい事言えないって?

 

いいえ、あなたは女優です。

 

パパの得意分野のお願いはパパの帰宅を待つ

高い所の物をとる、固い蓋をあける、重い物を運ぶ

こういった力仕事は、女性でも頑張れば何とかできる。

 

が、

 

パパがいなければあえてやらずに、(すぐにやらなければいけない場合を除く)

パパの帰宅を待つ。

 

それは、こういうパパが得意とする分野は ”パパの出番” としてやってもらい

『パパの帰りを待ってたの。ありがとう。さすがパパだね』

と言う事により、パパの自信につながるからだ。

 

パパの得意分野をあえて残しておくことで、

俺って頼りにされてる感、を実感し、俄然家事や育児に協力的になるのである。

パパが失敗しても責めてはいけない

家の事に関しては、ママの方が得意な家庭が多いかと思います。

パパにお願いしても、その出来が、ママの合格点には程遠い場合もあるでしょう。

 

が。

 

ぜーーーーったいに、失敗したことを責めたり、とがめたり、バカにするようなことを言ってはいけない。

ぜーーったいにだ!

 

男性はプライドの高い生き物です。

少しでもとがめたりすると見た目以上にダメージを受けてしまい、

どんどん家庭内の事にたいしてやる気を失っていってしまう。

もし万が一ぽろっとマイナス発言をしてしまったのなら、その10倍は褒めましょう。

まとめ

以上が旦那にお願いする際に気を付けるべきポイントです。

 

そんなに下手に出ることなんて出来ない!って思った方はこう考えましょう!

 

 

私は女優よ と。