すみれもん-ママができること

楽しく生きる、楽しく学ぶ、を伝えたい。

3歳~『なぜなぜどうして期』対応術5つ 心得と役に立った物

f:id:sumilemondesu:20170726062500j:plain

3歳の長女は現在『なぜなぜ・どうして期』真っ只中だ。

 

子供を産む前は

『子供の ”なぜ” には絶対丁寧に対応しよう!』

『邪見に扱って、好奇心の芽を摘むようなことは絶対しない!』

と『なぜなぜ期』の到来を心待ちにしていたし、かなり意気込んでいた。

 

 

が。

 

 

甘かった!!

 

 

予想をはるかに上回る『なぜなぜ攻撃』に、

こちらの準備が不完全だった事を認識させられる。

 

 

娘のなぜなぜ攻撃に最近ようやく、うまく立ち回れるような心得が分かってきたし、お役立ちグッズもそろってきたので

今回は娘のなぜなぜ攻撃の症状と対応術5つをお伝えしたいと思う。

 

3歳児の疑問:サイエンス・社会系

以下長女のサイエンス・社会系疑問のなぜなぜ攻撃

  • どうして氷はとけるの?
  • どうして氷は零度でとけるの?
  • どうして夜になると暗くなるの?
  • どうして寝ると朝になるの?
  • どうして空は青いの?
  • どうして1年は365日なの?
  • どうして地球は太陽のまわりをまわってるの?
  • どうして月は満ち欠けするの?
  • どうして雲はあるの?
  • どうして雲から雨がふるの?
  • どうして太陽はあるの?
  • どうして太陽は熱いの?
  • どうして夏は暑いの?
  • どうしてアサガオは朝さくの?
  • どうしてとうもろこしには毛があるの?
  • どうして果物には種が入ってるの?
  • どうして種を植えると芽が出るの?
  • どうしてコップにさしたストローが曲が(って見え)るの?
  • どうして空気と水では光の進む速さはかわるの?
  • どうしてうんちは出るの?
  • どうしてうんちは茶色いの?
  • どうしてうんちは臭いの?
  • どうして信号はあるの?
  • どうして信号は赤が止まれで青はすすめなの?
  • どうしてパパはお仕事に行くの?
  • どうしてお金を稼がないといけないの?
  • どうして救急車が走ってるの?
  • どうしておまわりさんはいるの?
  • おまわりさんは何人いるの?

 

質問の項目を見てお察し下さる方もいるかもしれないが、

私が一撃目の質問に答えた事により更に発展系の二撃目の質問を返してくる事も多い。

 

というか答えられたら大体質問で返してくる。

私が答えられなくなるまで質問攻撃が続く感じだ。

 

『今のは3歳児にも分かりやすく答えられたな!』

 

と ”どや顔” していても、結局しどろもどろになって会話が終わるのだ。

 

"どや顔" のまま終わらせてはくれない。

 

 

3歳児の疑問:親の行動系 

長女の疑問はサイエンス系にとどまらない。

私の行動にも『なんで?』と聞いてくる。

 

『なんで電気つけたの?』

『なんで忘れ物しちゃったの?』

 

といった事から始まり、

 

『ちょっと洗濯物とりこんでくるね』

『なんで?』

 

『お料理してくるね』

『なんで?』

 

料理していれば横で

『なんで野菜切ってるの?』

 

いや、使うからだし!!!

 

って言いたくなる気持ちも分かってもらえるだろうか・・・。

 

3歳児の疑問:失敗の原因

あとは自分の失敗の原因についての『なんで』も多い。

こちらは若干イライラしながらキーキー声で言う感じだ。

  • なんで折り紙きれいに折れないの!?
  • なんでブロック崩れちゃったの!?
  • なんでズボン反対にはいちゃったの!?
  • なんで靴下まがっちゃうの!?
  • なんでご飯こぼしちゃったの!?etc...

 最終的に『なんでーーーーー!!!キェェェェ!!!!』と怒り狂う。

 

5つの対応策

以下、なぜなぜ攻撃への対応術をご紹介する。

1.どうしてだろうね?

質問に答えられるなら、そのまま答えればいいが、究極分からなくなったら

『どうしてだろうね?』

『あいちゃんはどうしてだと思う?』

と質問で返す。

 

これはかなり良い。

子供の『考える力』が鍛えられるし

子供ならではの柔軟な発想の可愛らしい答えが返ってきたりする。

2.原因ではなく目的を聞いている可能性もある

 

 

私は基本的に "原因" を答えている。が、

 

『 ・・・ ~ だから、雨はふるんだよ!』

と、答えても

『うん、なんで?』

と返されることが間々ある。

 

いやだから、たった今、答えたましたけど!!!

 

となるのだが、

もしかしたら "原因" ではなくて "目的" の方を聞きたかった可能性もあるので

"目的" の切り口で再度答えるようにしている。(余裕があれば・・・)

 

長女が単に『なんで』と言うのが口癖になってる可能性もある(; ̄ー ̄A

3.図鑑を用意する

『どうして空は青いの?』

といった子供の疑問に答えてくれる図鑑が存在するのだ!

 

小学館:写真多め・補足解説多め・目次はこちらから

 

学研:イラスト多め・幼児向け解説・目次はこちらから

 

学研の方が取り上げている項目は長女にマッチしている物が多かった。

が、amazonの圧倒的レビュー評価の良さに我が家では小学館を購入した。信頼のamazon!

 

4.辞典・辞書を用意する

子供の『なぜ』に誠意を持って答えようとすると、どうしても子供の知らない言葉が出てきてしまう。

なるべく本人の知ってる言葉で分かりやすく教えようと努めているが、言葉の意味を一緒に説明するため我が家では辞典を2種類購入した。

 

幼児向け『絵辞典』

 

幼児~小学低学年向け辞典

 

辞典を購入するにあたり、各社の辞典を見比べて、子供本人に選ばせたかったので

日本最大級と言われる超大型書店(池袋ジュンク堂)まで足を運んだ。

www.sumilemon.com

5.ネットで調べる

最終兵器・THE  INTERNET!!

 

図鑑や辞典に載ってないときは、これに限る。

水戸黄門の印籠のこどくスマホを持ち出して

『おやおやそれでは調べてみましょうかね』と検索。

 

物凄く良いサイトを見つけた!

ぜひブックマークされたし!

科学なぜなぜ110番|学研サイエンスキッズ

650以上のなぜなぜが収録されている。

小学生向けなので幼児には理解出来ない言葉が出てきてしまうがそれでも凄い。

これが全て無料で見れるだから、本当にありがたい。

 

長女に氷がなぜ溶けるのかを説明するために

氷はどうしてとけるの|科学なぜなぜ110番|学研サイエンスキッズ

こちらをほぼ丸読みした。

『分子』とか『結合』とか出てきちゃったけど

長女は一生懸命あいづちをうっていた。

まとめ 

以上が私の対応術5つだ。まとめると

  1. 『どうしてだろうね?』と聞き返す
  2. 原因ではなく『目的』の切り口で答える
  3. 図鑑を用意する
  4. 辞典・辞書を用意する
  5. ネットで調べる

 

実は、あまりにしつこくて

『もう知らんよ!そういう事もあるんだよ!』

と言ってしまった事もある。

 

新入社員が一日中横にまとわりついて

『これはなんですか?』

『どうしてこれはあるんですか?』

『どうやって動くんですか?』

ずっと聞いてくる感じだ。

 

 

『お、この新人やる気があるな!』

 

と思う感情は通り越して

ただただうっとうしくなってくるのだ。

 

これではいかん!と思い、図鑑や辞典などのお役立ちグッズを用意した。

これらを用意してから『なぜなぜ』が出てもカリカリしなくなったし、むしろ

『待ってました!(せっかく買った)図鑑を広げるチャンス到来!』

とこちらも楽しんで対応できるようになった。

『最初からもっと準備しておけばなぁ』と思わずにはいられない。

 

これからなぜなぜ期を迎えるであろうお子様をお持ちの方は心して準備にかかられよ。

 

子供の好奇心の芽を摘むことなかれ。

 

関連記事

幼児向け絵じてんを比較

www.sumilemon.com

 

姉妹が食い付いた しかけ図鑑

www.sumilemon.com