すみれもん-ママができること

楽しく生きる、楽しく学ぶ、を伝えたい。

学研【木製かずさんすう】購入。3歳娘が3日で『5』までの足し算を暗算

3歳8カ月の長女が、5までの足し算・引き算が暗算できるようになりました

しかも知育おもちゃを購入してからわずか3日でした!

夏休みに遊べる、新しい知育おもちゃを購入

3歳の長女は現在幼稚園年少さん。

今年初めての夏休みです。

長い夏休みに暇を持て余さないように、知育おもちゃをいくつか購入しました。

 

そのうちのひとつがこれ!

モンテッソーリの算数棒に似ているなー!と思い、ポチっ。

 

算数棒っていうのはこういうのです。

モンテッソーリ教育を知ってから、すっかりモンテッソーリに魅了されてしまっていますヽ( ̄▽ ̄)ノ

モンテッソーリ教育を受けた子供たちの共通した特徴 - すみれもん-ママができること

 

学研のよくわかる 木製かず・さんすう

f:id:sumilemondesu:20170820145252j:plain

これ良いな~、欲しいな~と思ったポイントは大きく4つ。

  1. 木製で丈夫
  2. 数の感覚を手を動かしながら養える
  3. 使い方が色々ある
  4. 長く遊べる (小学生になっても学習の補助として使い道が想定できる)

 

使い方が色々ある

これ本当に使い方が色々あるんです!
f:id:sumilemondesu:20170822115837j:image

外箱に書いてある使い方一覧

  • 数を数える
  • 数を数字で表す
  • 大きさを比べる
  • 数を順に並べる
  • 順番を数える
  • 数を合わせる・数を分ける
  • 数式を使った足し算・引き算
  • 10以上の数のしくみ、くり上がりのある足し算

セット内容

セット内容はこんな感じになっています。
f:id:sumilemondesu:20170822115908j:image

  • ボード 1枚
  • 木製の棒 1~10まで各2本ずつ
  • おはじき 20個
  • 足し算カード 引き算カード 各1枚ずつ
  • 目盛りカード 2枚
  • 数字カード 21枚 (0~20)
  • ガイドブック 1冊
  • がんばったねシール 1枚

おはじきは、片面だけ赤くなっています。

f:id:sumilemondesu:20170820145212j:plain

 

具体的な使い方

ガイドブックに載っていた使い方の中で、これ面白いなぁ!と思ったものをいくつか紹介します。

数の組み合わせ

f:id:sumilemondesu:20170822115917j:plain

5個のおはじきを振って、数の組み合わせを確認する

5個のおはじきを手に持って、ボードの上に振り、

ボードの上に落ちたおはじきのうち、表(赤)と裏(木面)がそれぞれいくつになっているか聞く。

表、裏それぞれおはじきをボードに並べ、いくつといくつで5個になっているか確認させる。

おはじきを振るのが楽しくて何度もやってました。

f:id:sumilemondesu:20170820145245j:plain

↑ 7個のおはじきを振ってやってみたよ。

木製バーを並べて、数の組み合わせを確認する

5のバーをまず最初に置いて、同じ幅になるように1~4の木製バーを組み合わせていく。

パズル感覚で綺麗に揃うと、やったー!と喜んでいました。

0という数を認識させる

f:id:sumilemondesu:20170822115848j:plain

ボードの上におはじきを5個おいて、5の数字カードを置く。

そこからひとつずつおはじきを減らしながら、その都度数字カードを置いていく。

最後何もなくなった状態で、0の数字カードを置いて『0』と教える。

長女は0と10の違いが良く分かっていなかったのですが、これをやったらすぐに『0』の意味を理解しました。

足し算・引き算

f:id:sumilemondesu:20170822115933j:plain

足し算引き算カード、数字カードを使って数式を作り、その都度、木製バーで確認させる。

数式を作るのがまだ難しいみたいでした。

 

くり上がりのある足し算

f:id:sumilemondesu:20170822115942j:plain

長女にはまだ早いと思うのでやってませんが、

いずれくり上がりの計算が出た時に、目盛りカードと木製バーを使えば

視覚的にくり上がりの計算を理解できます

私は子供の頃、くり上がりの計算が苦手で、超特訓した過去があるので

視覚的に理解できるのは凄く良いなと思いました。

1~10まで順番に並べる

これは長女が1番お気に入りの遊び方です。

まずは1~10までの木製棒を順番に並べてみます。

f:id:sumilemondesu:20170820145221j:image

木製棒は1~10までが各2つずつ入っているので、

1~10まで並べたら、今度はまた逆側から1~10と並べていきます。

長女は特にここのぴったり合う感じが、パズル感覚で面白いみたいです。

f:id:sumilemondesu:20170820145218j:plain

全部並べたら、木製棒を裏返していきます。

『2の横は何だろうね~? うん、8だったね!2と8で10になるんだね~!』

というような声かけをしながら、10の組み合わせを意識させてみました。
f:id:sumilemondesu:20170820145214j:image

 

3日で5までの足し算が暗算できるようになった

この学研【木製かずさんすう】で3日くらい続けて遊んだところ、

5までの足し算が暗算できるようになりました!

 

とは言っても、『2たす3は?』というストレートな足し算ではなく

 

『ママが2個りんごを持ってます。あいちゃんは3個持ってます。全部でりんごはいくつでしょうか?』

 

という質問の仕方です。

 

『5!』

 

と、そのまますぐに答える事もありますが、

分からない時には、声に出して

『1,2,3,4,5、、、5個!!

というように、数えながら答えたり、

 

声に出さずに頭の中で数えて答える場合もあります

(目線や頭が若干揺れるので、声に出してカウントはしていませんが、頭の中で数えているのだ思います。)

 

『今シールを2個貼ってます。あと何個で5個でしょうか?』

 

という引き算要素の質問も答えられます。

というか、どちらかというと、引き算の方が得意なようです。

 

指やおはじきを使わずに頭の中だけで数えれているので、【木製かずさんすう】の効果凄いな!と感じています。

毎日5までの数字を意識している

実はピアノの絶対音感の練習のノルマが1日5回なので

1回やるたびにシールを貼って、5枚シールを貼れたら大きいシールを貼る、というようなことを毎日やっています。

f:id:sumilemondesu:20170621200219j:plain

木製かずさんすうの効果ももちろんあったと思いますが

日常的に

『ほら今シール4枚だから、トレーニングあと1回やっちゃお!』

『まだ2枚しかやってないよ!あと3回もやらなきゃだよ!』

『今3つだから、あと2回でキラキラシールだぁー!』

という会話をしょっちゅうしているので、3日で5までの暗算が出来るようになったのは、毎日のシール貼りで5までの数字によく触れていた、というのも大きかったと思います。

まとめ

  • 学研【木製かずさんすう】は使い方色々
  • 3歳ではまだまだ使いこなせない遊び方も多い
  • が、その分長く使える!
  • 3日で5までの暗算ができるようになった

良かったら試してみてくださいね~!おすすめです! 

関連記事

www.sumilemon.com

www.sumilemon.com