すみれもん-ママができること

楽しく生きる、楽しく学ぶ、を伝えたい。

上の子の赤ちゃん返りへの対処⑥ 実際に効果のあった言葉かけ編

産後すぐはなかなか体が動かず、思いっきり上の子と遊ぶって難しい。

だから口で勝負!今回は赤ちゃん返りに効果的な言葉かけをご紹介します。

f:id:sumilemondesu:20170605011640j:plain

1.赤ちゃんはあいちゃんの事が大好きなんだね

『相手が自分を好きだと自分も相手を好きになる、相手が自分を嫌いだと思うと自分も相手が嫌いになる』という心理が人間には備わっていると聞いた事があります。心理学で返報性の法則というらしいのですが、「告白されるとそれまでどうでも良かった相手が気になりだしてだんだん好きになっちゃう」っていうやつです。

産まれてすぐの赤ちゃんはまだ好きも嫌いもないと思うのですが、長女に次女を好きになってもらうために、私は次女の可愛さを長女にアピールするのではなく、次女が長女の事をどう思っているか。という点でアプローチしてみました。

『ほら、あいちゃん見てるよ!あいちゃんが大好きなんだね』

『あいちゃん見て笑ったよ!あいちゃんが大好きなんだね』

そういうたびに、まんざらでもなさそうな様子の長女。そのうち長女が自分自身で

『ゆうちゃんはあいちゃんが大好きなんだよね~』と言うようになり次第に

『あいちゃん、ゆうちゃんのことだーいすき!』

と言うようになりました。

2.赤ちゃんはあいちゃんが羨ましいんだね

長女の問題行動の多くが、下の子への嫉妬から来るものだろう、というのは明白でした。
私自身は一人っ子なので、兄弟姉妹への嫉妬の感情というのは、実際に体験した事がないので想像するしかありません。
 
夫が突然自分より若い愛人を連れてきて、一緒に住もうと言い出したと思えばいい
 
上の子の嫉妬の感情を理解するのに、一番分かりやすい例えです。
もし本当に夫が愛人を連れてきたら、私だったら精一杯夫に抗議の嫌がらせをするでしょう。

 

上の子は下の子が羨ましくて羨ましくて仕方ない。小さい体で自分の嫉妬の感情と戦っている。そういう長女の姿に気付いたとき、少しでも嫉妬の感情から解放してあげたくて

『赤ちゃんはあいちゃんが羨ましいんだよ』

と声をかけてみました。

私自身が小さい頃、羨ましくて仕方なかった相手がいるという話を母にした時、実は相手も自分の事を羨ましく思ってるかもしれないよ、と母に言われ、何だか心が軽くなった経験があるからです。

 
長女に赤ちゃんもあなたが羨ましいんだよという事を言った時、長女は不思議そうに『なんで~?』と聞き返してきたので
『あいちゃんは歩いたり走ったり遊べて良いなぁって思ってるんじゃない?』
『美味しいお菓子食べれて良いなぁって思ってると思うよ』
私はたしかこんな風に答えたと思います。
長女は『そっか~!!私歩けるもんね!私おっきいもんね!』と嬉しそうな表情を見せていました。
 

3.赤ちゃんのママみたいだね!

上の子が下の子のお世話を手伝ってくれた時などに、

『あいちゃん、赤ちゃんのママみたいだね~!』と声をかけた所

『あいちゃんがママ~?照///』

と、まんざらでもない様子でした。

 

4.『お姉ちゃん』と呼ばないを徹底する

 言葉かけとは少し違いますが、我が家では下の子が産まれる前から

下の子が産まれてもあいちゃんの事は名前で呼ぶ

『お姉ちゃん』という単語自体、会話の中に極力出さない

というのをパパと決めていました。

『下の子が産まれても、名前で呼んであげて』

『お姉ちゃんなんだから我慢しなさい』はNGワード

赤ちゃん返りを調べていると、この2点はよく言われている事だったので、我が家では『お姉ちゃん』という単語自体を使わないようにしました。

家庭内で『お姉ちゃん』をNGワードにしても、あいちゃんと赤ちゃんを連れて外に行けばいろんな人にあいちゃんは

『お姉ちゃんになったんだね』

とほぼ必ず言われます。そのたびに私は内心『言わないで~』って思っていました。

可能なら親戚やよく会う友達にも『お姉ちゃん』と言わないようにお願いすると良い

家庭内ではパパと事前にしっかり決めておいたので、割とうまくいっていました。

が、しかし!下の子の出産祝いにやってきた義兄(パパの実兄)が、どうやらあいちゃんに『長子とは!お姉ちゃんになるっていう事は!』的なことを言ったようなのです。

義兄に直接聞いたわけではないのですが、義兄があいちゃんに『二人きりで話がある』と別部屋に行き、戻ってきた時に『さっきの話、おじちゃんとあいちゃんの約束だからな!赤ちゃん守ってやってな!』的な事を言ったので、ちょっと嫌な予感がしたのです。

義兄が来た次の日、あいちゃんは悲しそうに『あいちゃん、お姉ちゃんになっちゃったんだ・・・』と言い、更にその次の日には『お姉ちゃんになっちゃった~うわあああああん』と大号泣。しばらくこうやって泣く日が続きました。

義兄はひょうきんで明るく、普段あいちゃんを凄く可愛がってくれています。もちろん良かれと思っての行動だったと思うので責める気持ちはありません。

『お姉ちゃんっていうと情緒不安定になる時期みたいなので極力その事は触れないように今はお願いします。ペコリ』

こんな感じで事前に伝えておける場合は伝えておくと良いと思います。