子育て 自分のこと

メンヘラ母に育てられた話 家族の幸せのためにママのすべき事

投稿日:2017年7月14日 更新日:

 

f:id:sumilemondesu:20170712144019j:plain

母がメンヘラ

私の母は良い意味でも悪い意味でも性格が強烈な人で今で言う『メンヘラ』だった。

そのため父も私もずいぶん振り回された。

幸か不幸か、母は頭の回転が早く口が達者で、口を生業とする経営コンサルタントの父ですら、口ケンカでは母にかなわない。

口が達者なメンヘラ女。これほどやっかいな生き物はない。

父もお手上げ

父はそんな母に嫌気がさしたのか、家には帰ってこなくなったし

父が帰らない事で母のメンヘラは更に加速。

母の私へのあたりは強くなり、私は母におびえる生活だった。

母の情緒が今、安定か不安定か?

これをすると母の情緒はどちらへ傾くか?

私の判断基準は ”母” だった。

心に蓄積していった『理想の母像』

健全な親子関係ならば、親が間違っていると思えば子供でも親にたいして

『どうして?』『それは間違っているんじゃない?』 と言えるだろう。

が、私はそれは言えなかった。

たとえ理不尽でも、口達者なメンヘラ相手には黙っていた方が得策なのだ。

母から理不尽な物言いや対応をされるたびに、口で言っても敵わないし事を荒立てたくないので、心の中で

(私がおかあさんになったら、子供に絶対こんなことはしない)

と思うことで消化していた。

母に対しては子供ながらにかわいそうな人だとも思ったし

父にそばにいて欲しいくせに、父の嫌がる事しか出来ない母を見て

私ならもっとうまくやれる。

とも思っていた。

家族を幸せにするために、まず母親が幸せであれ

母の情緒が安定していないと、子供は母の情緒ばっかりが気になる。

それくらい子供にとって母という存在は大きい。

子供が好奇心を持って様々な物事に取り組むためには

◆効果的な言葉かけ

◆評判の知育おもちゃ

◆週末のレジャー

それらを用意するよりもまず

幸せな母親が必要なのだ。

母親が幸せでないと、子供は母親が気になって気になって

うまく羽ばたいていけない。

家族が幸せになるために・・・

私の夫であるパパと、この事について改まって話したことはないが、

恐らくパパも同じ価値観を持っている。

それはパパが私に対して言ってくれる言葉からも感じる。

『ママがカリカリしてたら子供がかわいそうだ』

『家事なんか出来なくても良いから笑ってて』

『君が笑っていないと、帰ってきてもつまらない』

『疲れたならポテチ食べてテレビでも見てなさい』

何とも出来た夫だ。

だから今日も私は、家事をさぼってポテチを食べてテレビを見る。

家族の幸せのために・・・!

 

アドセンス

アドセンス

関連記事広告

人気記事

1

3歳と1歳の姉妹を子育て中の主婦が、買ってよかったおもちゃを紹介いたします(*^^*) 誕生日などで頂いた物も含まれていますが、 姪っ子甥っ子・お孫さまへの誕生日やクリスマスのプレゼント用の参考にもな ...

2

私は全くのゼロから小学6年の5月から中学受験勉強を開始し、偏差値65の難関校と呼ばれる中高一貫校に進学しました。 この記事では私自身の中学受験体験記をせきららに!語りたいと思います。 『突然子供が中学 ...

3

Amazon歴6年目。本当に買った物しか紹介しません。 Amazon歴6年目、プライム会員3年目の子持ち主婦が Amazonで買って良かったものを紹介する記事です。 本当に買った物しか紹介しません! ...

4

長女は現在4歳の年少で、この4月に年中になります。 最近難しい問題にチャレンジする事が楽しい様子だったので Z会の資料請求 をしてみました。 Z会 年少・年中・年長・小1コースの4学年分を資料請求して ...

5

  3歳の長女が、なぜなぜ期真っ只中&ひらがなを読むのがとにかく楽しい様子なので これは辞典を買い与える良い機会かな?と思い 幼児でも使える辞書、『こどもことばえじてん(絵辞典)』を購入する ...

-子育て, 自分のこと

Copyright© すみれもん , 2018 All Rights Reserved.