すみれもん-ママができること

楽しく生きる、楽しく学ぶ、を伝えたい。

3歳 上達するためのピアノ教室の選び方③ 人気の先生には理由がある

今回は実際に選んだピアノ教室についてお話しします。

f:id:sumilemondesu:20170605011227j:plain

O先生とK先生で凄く迷った

体験教室4つに行った中で、最終的にK先生O先生、2人の先生で凄く迷いました。

お二人とも20代の若い先生です。体験レッスンの際にはどちらの先生にも菓子折りを持参致しました。

K先生 相性◎ 人柄◎ 距離△ 人気◎

K先生はまだ若いのですが、独立して6年で生徒数は75人。

有名音楽系大学のピアノ科を卒業されています。

何人かの生徒さんはコンクール受賞もされていて、今のところやめた生徒さんが1人もいないとの事。

まだ日は浅いですが、勢いのあるピアノ教室です。

現在生徒募集はされていない所を、ダメ元で熱量のこもったメールを送った所体験レッスンして頂ける事に。

実際にお会いして、あいちゃんとの相性もよく、2歳半の子供を上手に誘導してくださる方でした。

自宅からの距離が5km以上離れておりましたが

私この先生なら、頑張れる!車の免許持ってないけどあいちゃん乗せて自転車で通える!

そういう風に思いました。

O先生 学歴◎ カリキュラム◎ 相性○ 設備× 月謝△

O先生は600人以上の生徒さんをかかえるマンモスピアノ教室の先生の1人です。

毎年コンクールに何人もの生徒さんが結果を出しており、お教室の発表会も物凄くレベルが高いです。

こちらのピアノ教室はお教室の拠点がいくつかあって、私たちの自宅から一番近い所にある拠点は、ピアノ教室創設者のS先生とO先生が担当してらっしゃる、という感じです。S先生は枠がいっぱいで、もう空きがなく、O先生ならば入れる、という事でした。

O先生は、天才しか入れないと言われている音楽系学校を出ていらっしゃいます。

生徒1人1人に合わせるというよりは、お教室独自の上達させるメゾッドが確立されていて、お教室のカリキュラムに沿って指導するという感じです。

カリキュラムの内容をかなり丁寧に教えて頂いたのですが、なるほど、確かに上達

しそうだ、という感じでした。

カリキュラムの一番の重点ポイントは読譜力を付けること。

私自身譜読みが遅い方なので

このカリキュラム凄い!このカリキュラムやらせてみたい!

そういう風に思いました。

O先生とあいちゃんの相性は抜群というわけではないけれども、何とかやってけそうな感じではありました。

ただ、こちらのお教室、自宅最寄の拠点はグランドピアノではなくアップライトピアノでのレッスンなのです。そこだけがどうしても引っかかるポイントでした。

そして月謝はお高めです。涙

距離か設備か

K先生もO先生もどちらも素晴らしい先生で、指導法的な部分での不満や不安は全くありません。ただしネックな部分は

K先生は自宅からの距離が遠い事

O先生はアップライトピアノしかない事

距離か設備か、どちらを取るか。。

 

物凄く悩みました。

最終的にはパパの一言で決めた

K先生の所は、あいちゃんが小学生になった時に1人で通えないよ

パパに言われた一言に、ハッとしました。

そうか、私が通えてもあいちゃんがゆくゆくは1人で通う時に大変な距離っていうのを考えてあげてなかった。。。

O先生の所にはアップライトピアノしかなく、今でもそこはグランドピアノがいいなと思ってしまう点ではあるのですが、現在あいちゃんはO先生にピアノを習っています。

人気の先生には理由がある

K先生は生徒さん募集を現在していない所を、こちらが頼み込む形で体験レッスンして頂きました。

ですので、K先生の所では習わないという事を決めた時に、そのご連絡をするのが心苦しくて心苦しくて、なかなかメールの文章もうちこめず、メールの文章を打ち終わるのに1日くらいかかりました。

少し遠いけど通えると思っていた、でもあいちゃんが大きくなった時に通うのが難しいという点を見逃していた、本当に申し訳ございません、K先生に申し訳ない気持ちでとても心苦しいですと、正直な気持ちを長文メールをしました。

K先生から翌日、私以上の長文メールの返信がありました。

お断りしているにも関わらず、とても温かなメールでした。

ピアノレッスンというのは、ピアノ教室以上に親のサポートも重要になってくる事、メールで何回かやり取りしただけですが、あいちゃんとあいちゃんのお母様ならどのお教室に行ってもきっと上達すると思います、頑張ってください、いつかあいちゃんの演奏を聞くのを楽しみにしています、というような内容で、思わず泣いてしまいました。

 

なるほど、K先生の所は、だからだれもやめないんだな、こんなに良い先生なかなかいないよ!

人気の理由を垣間見た気がしました。